#

参考情報

MENU

        オルタナティブ投資

サイトについて

レバレッジ利用で大きく稼ぐ

fdshuuoew FXでは何と言ってもレバレッジをかけて大きく稼げるところが魅力です。レバレッジは小さな力で大きくて重たいものを動かすテコの原理を応用したものです。少ない預入証拠金で大きな金額の投資が行える特徴があります。

国内ではレバレッジ規制がある関係上、最大レバレッジは25倍までですが、1万円の預入証拠金でも最大25万円分の投資を行うことが可能です。取引に成功すれば利益も最大25倍、一度の取引で大きな利益を狙えます。個人口座では最大25倍までですが、法人口座ならレバレッジ規制の対象外なのでそれ以上のレバレッジが提供されています。

しかし法人口座を開設するには法人であることが必要です。会社設立されている方は問題なく法人口座が開設できますが、個人の方が会社設立してFXの法人口座を開設には手間がかかり過ぎます。そのときは国内のレバレッジ規制とは関係ない海外FX業者に口座開設すると言う方法もあります。海外FX業者では国内FX業者ではできないレバレッジ888倍や1000倍といったところもあります。

FXでは差金決済なので実際の通貨の受け渡しが行われるわけではないです。そのため同じ預入証拠金で何度も回転させることが可能です。

レバレッジをかけたまま何度も取引を繰り返すことで一攫千金も狙えます。その代わりに取引に失敗すると国内FX業者では最大25倍まで損失が膨らんでしまいます。損切りできずにズルズルとポジションを保有したままだと追証が発生しかねないです。事前に損切りルールを考えておき、それを厳格に守ることが大切です。

FX業者では証拠金維持率が一定の%以下になると強制的にロスカットされる仕組みが採用されています。%はFX業者によって異なりますがデフォルトでは50%くらいが多いです。この証拠金維持率はトレーダーご自身で替えることが出来ます。レバレッジの倍率が高いときにあまり証拠金維持率の%が高すぎるとすぐにロスカットされてしまいます。

逆に低すぎるとロスカットされたときの損失が大きくなってしまいます。レバレッジの倍率によって適切な証拠金維持率に設定されると良いです。設定された証拠金維持率で必ずロスカットされるわけではないです。このような頻雑なルールや取り決めがあまり好きではないトレーダーにはハイローオーストラリアという上下取引がおすすめです。

それは為替相場の変動が激しすぎるときや、土日に何かあって週明けに大きく窓を開けて取引が始まったときです。こういったときは間に合わずに設定以上の水準でロスカットされることがあります。あまり高い倍率のレバレッジは場合によっては証拠金以上の損失が発生しかねないです。

#