#

参考情報

MENU

        オルタナティブ投資

サイトについて

株で稼ぐのは以外と簡単?

fd44uoew 投資方法の中で一番代表的な金融商品が、株式投資です。民間企業は、株に価値(株価)を付けて発行します。株を一般の方に買ってもらうことで、自社の資金を集めます。株で集めた資金をもとに運営をする会社を、株式会社と言います。株を購入した人は、株主となり配当金や株主優待を得ることができます。また、株を保有することにより会社の経営に意見をいう議決権が与えられます。

株の保有率によっても議決権は異なり、M&Aによる買収に使われることもあります。バイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記にあるように、株価は毎日のようにニュースで報じられているため、日経平均がいくらかTOPIXがいくらかなど日常から情報を得やすくなっています。

<株式投資の特徴>

株式投資の仕方として、長期的に保有する方法と短期的に保有し売買を繰り返す方法(デイトレード)があります。長期的に保有するメリットとして、配当金と株主優待があります。配当金は、会社が利益を出した場合に、株主に配当されます。株主優待は、会社ごとに異なりますので、株主優待内容を確認し選んでみるとよいでしょう。

最近では、株主配当金や株主優待を糧に暮らしている方もおり、書籍を出すほどになっています。どのような株式を購入すると、日常生活にメリットがあるかを知っておくとよいでしょう。株主優待には、金券や自社商品、割引券などがあります。投資主が普段利用するお店や商品を製造する会社に投資をするというのも一つの手段です。

一方で、デイトレードの目的は、株価の変動による売却益です。株価は日々変動します。日経平均を見るとお分かりのように、近年では2008年・2009年の最安値は7千円台です。2014年は、最安値でも1万6千円台と倍以上の額になっていることが分かります。こうした変動幅を利用して、買って売りを繰り返して利益を増やします。

<株式投資の安全性>

株価は、世界経済や会社ごとの経営状態などに左右されます。経済が良い方向に向かっているときは、日経平均からもわかるように株価は高くなっていく方向にあります。

物の価値が高まると株価も上がります。つまり、インフレに向かって経済が進んでいくと、物価があがって株価も上がる傾向にあります。経済が安定していれば、株式投資の安全性は高まることになります。

また、配当金の面から見ても株式投資は、他の金融商品と比較してハイリターンとなりますMRFやMMRが0.1%未満の利回りであることに対して、平均配当利回りは約1.4%(2015年1月)となっています。株価の変動幅を利用したデイトレードもありますが、長期的視点からも配当金や株主優待といった魅力のある金融商品です。

ただし、ここでも注意しておくことがあります。株を発行した会社の信用が落ち、株価が急落する可能性や、倒産する可能性もあります。株式投資も元金保証ではありませんので、十分に注意して取引をする必要があります。

#