#

参考情報

MENU

        オルタナティブ投資

サイトについて

投資取引のリスク

 FXでの投資取引では、利益を求めていくことを目的にしているために、それに係わる様々なリスクにさらされるという事が必ず付きまといます。

こうしたものの中でも、投資家の頭を最も悩ませるものは、為替相場の変動リスクになるでしょう。
FXでは2種類の通貨を一組にした通貨ペアを、互いに売買して、その間に発生する為替相場のレート変動を利用して、利益を求めていくのですが、この為替相場のレート変動は必ずしも利益の出る方向ばかりに動いていくというわけではなく、損失の生まれる方向に変動していくこともあるのです。
もちろん、利益を得ることと表裏一体になっているために、利益を生むためには必ず追わなければならないリスクであり、こうしたことをなるべく回避したり、その損失を小さくする努力をしなくては、せっかく出した利益の足を引っ張ることにもなり、場合によっては、一回の取引きで大きな損失を出し、それまでの利益を失った上に、大きな借金を背負ってしまうこともある得るのです。

こうした相場リスクを避けるために、為替相場の動きをしっかりと予測し、損失が出た場合にはそれが大きくなる前に自ら決済をして損失を押さえむ損切りを行ったり、危険が予測される相場では取引そのものを行わないなどの対応が必要になるのです。

また、相場の予測に関連したもので、地政学的リスクというものも存在します。
これは、通貨を発行する国や地域があるエリアでの政治状況などに不安が発生し、軍事的な問題に発展したり、そのことが影響して近隣諸国にもリスクが派生したりすることを指します。
例えば戦争が起こっている地域では、もちろん経済が破たんしますし、その近隣諸国にはその戦火の影響や、難民などの受け入れにより様々な混乱が生じます。
また、近年多発する傾向にあるテロ行為などは、先進諸国に対して行われるものも多いため、これにより比較的強い通貨をもっているにもかかわらず、そこに大きな不安要素を落とすこともあるのです。

こうした地政学的リスクの影響を予測に組み入れるためには、経済状況の情報だけを入手するのではなく、様々なニュースを多角的に取り入れて分デキを行っていく必要があるのです。

これ以外のところでは、物理的なオンラインのリスクというものも、近年では多く指摘されるようになりました。
現在の投資取引は、インターネットなどを介して行われており、このネット環境が何らかの原因で機能しなくなったり、ちょっとした入力のミスなどにより多大な損失が出てしまうこともあるのです。
このようなことを防ぐためにも、例えば取引できる端末を複数用意しておく事や、システムサーバーの強い取引業者を選ぶ事、入力が簡潔で分かりやすくミスの起こりにくい取引プラットフォームを利用するなどの対策をとっておくことが必要なのです。

#